契約する際

リビングルーム

 賃貸マンションを探す際にいくつか注意すべき点があります。まず、探し始める前に、自分はどのような物件に住みたいかをよく考えて条件を書き出したうえで、その条件に優先順位をつけましょう。そうすることによって、不動産業者を訪れた際に希望条件を明確に伝えることができ、お部屋探しをスムーズに進めることができます。  次に、不動産業者からいくつか賃貸マンションの物件を紹介された際は、できるだけその物件に実際に足を運んで、周辺の環境や室内の様子をくまなく調べることをおすすめします。書類に書かれている情報に目を通すだけでなく、実際にその物件を訪れることによって、自分がそこに住んだ時の様子をより鮮明にイメージすることができ、そうした感覚が物件を決める重要な要素となります。

 不動産業者から賃貸マンションの物件を紹介されて実際にその場を訪れる際は、できるだけ車を使わずに自分の足で歩いてみて、周辺の環境について調べることをおすすめします。地図を頼りにしながら買い物ができる施設の場所や交通の利便性、ファミリー世帯であれば学校や公園などの施設の場所など、さまざまなことを考慮に入れて周辺を観察します。  そして実際に紹介された賃貸マンションの物件を訪れた際は、メモ用紙と筆記用具、メジャーや懐中電灯などを持参して室内の間取りや水回りの設備などすみずみまで調べるようにしましょう。部屋が水平であるかを調べるにはピンポン玉やゴルフボールなどを持参すると良いでしょう。そのほかにも、家に帰ってから物件選びの参考になるように、携帯やスマホのカメラ機能を使って画像を撮っておくこともおすすめします。